仏壇の引っ越ししには、きちんとしたやり方があります。

ただ、闇雲に次の引っ越しし先に持っていけば良いというわけではありません。

きちんとしたやり方・作法があります。

その手順と、実際に引っ越ししする時の注意点などまとめてみました。

 

「抜魂」「入魂」をきちんとしよう!その費用は?

仏壇は、開眼供養をしていますよね。

仏壇に入魂をしたまま、移動することは出来ません。

なので、魂抜きをする必要があります。

もちろん、引っ越しし後には入魂する必要もあります。

 

これらの作業は、お坊さんにお願いすることになります。

その際には、お布施が必要になり、相場として「¥10,000~¥30,000」を包みます。

駐車料金や交通費などが別途必要になる場合もありますので、お願いする時に伺っておきましょう。

 

仏壇を動かしていい日取り

引っ越し自体にも、良い日・悪い日があります。

これは、仏壇だから特別どうこうということはありません。

大安が良い日で、仏滅が悪い日です。

こだわりが無ければ、仏滅を選んだほうが料金も安く済むというメリットもある日です。

 

引っ越しし時の注意

仏壇というのは、梱包がしづらい物の一つです。

位牌や遺影は、基本的にはご自身の手で運ぶ必要があります。

もちろん、絶対に運んでもらえないということはないので、運べない場合はお願いしてみるとよいでしょう。

 

仏壇についている仏具については、繊細で壊れやすいものも多いです。

極力外して、壊れないように別に梱包することをおすすめします。

また、高価な物については、手で運んだほうが安心な場合もあります。

状況に応じて、決めましょう。

 

また、仏壇を運ぶ際には順番があります。

引っ越しし元では、一番最後に仏壇を出して、引っ越しし先では最初に仏壇から入れるようにします。

 

引っ越しし業者にお願いできる?

仏壇の引っ越しができるかどうかは業者次第です。

すべての業者で対応可能というわけではありません。

なかには、仏壇の引っ越しは嫌がる業者もいます。

なので、複数の業者に対応可能かどうかを確認しましょう。

 

仏壇だけの引っ越しであれば1万~2万程度が相場です。

ご自身の荷物もあると思いますので、引っ越しし料金の見積りをしにきた人に仏壇があることをしっかり伝えましょう。

 

また、先ほどの作法についてですが、引っ越しし業者が仏壇の出し入れの順序を知らない場合があります。

なので、こちらからしっかりと指示を出したほうが懸命です。

簡単1分入力で、引越し代を50%もお得に!
賢く安く引越しするならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓