引っ越しし先に盛り塩は必要なのでしょうか?

この辺りは、する人としない人が別れるところですね。

あとで変に気に留めるようなことになるぐらいなら、間違いなくやっておいたほうが良いですよ!

やり方もそんなに難しいものではありません。

 

盛り塩にはどんな意味がある?

盛り塩には、人を寄せる縁起担ぎや、厄除け・魔除けの意味があると言われています。

縁起を担ぐ部分については、中国由来の意味だと言われています。

 

日本では、厄除けや魔除けのほうが一般的です。

これは、神事や仏事から一般的に広まった説が有力だそうです。

ただ、どちらが発祥なのかは、今でもわからないとのこと。

仏事なら、葬儀の後に塩を撒いたりします。

神道の方は、神棚に盛り塩をします。

この習慣は最近始まったものではなく、どちらのしても塩と言うのは特別な存在なんですね。

 

どこに盛り塩すればいい?

実際に引っ越しの際の盛り塩はどこにするのが良いのでしょうか?

盛り塩をしたい理由にもよりますが、人が集まるようにしたい場合は、玄関先が良いです。

お店に行った時に入口近くに盛り塩を見たことありませんか?

それも、人を呼ぶための縁起担ぎなのです。

 

厄除け・魔除けとしての盛り塩はいろいろなパターンが有ります。

まずは、家や土地の四隅です。

一戸建てでない場合はどちらも難しいですね。

アパートの外に勝手に盛り塩するのも気が引けますよね。

 

なので、まず自分の直感で嫌な感じがする部屋の四隅に盛り塩をしましょう。

息苦しく感じたり、なんか落ち着かないと言う部屋がそうです。

盛り塩をすることで、部屋の中のパワーを安定させて落ち着かせるのです。

 

また、水回りは基本的にパワーが落ちやすい場所とされています。

盛り塩でパワーを回復するのが良いでしょう。

代表的なのはトイレとキッチンですね。

 

いつまですれば良い?

いつまでというのはないですが、基本的にはずっとでしょうか。

塩の交換も毎日必要というわけではありません。

ホコリが被った状態まで放置するのはよくありませんが、適度に交換すればOKです。

 

一手間かけてパワーアップ!

盛り塩といえば、お皿に塩を円錐や四角錐の形状にします。

これに、一手間加えると、効果がパワーアップすると言われています。

それは、清酒を少しかけることです。

かけると言っても、少しふる程度で十分です。

盛り塩と同様に縁起物の清酒をプラスして、さらに効果を高めましょう!

 

簡単1分入力で、引越し代を50%もお得に!
賢く安く引越しするならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓