引っ越し業者には、CMを大々的に打っているような大手の企業もありますが、地元のローカル企業・赤帽のような中小企業もあります。

料金やサービスの違いってあるのでしょうか?

大手と中小企業を比較してみたいと思います。

tenbin

 

大手の特徴

大手は場数が違うので、経験が違います。

そのためもあって、結構細かいところまで気にかけてくれる事が多いです。

運び出すのが大変そうな家具なども、比較的スムーズに運んでもらえます。

 

また、マニュアルもしっかりしている場合が多く、社員教育と言う面でもしっかりしているところが多いです。

会社も全国にあるため、近場の引っ越しから遠方への引っ越しまで、対応できる幅がひろいです。

 

サービス面では、引っ越ししプランは大手のほうが多いです。

そして、オプションなども充実していますよね。

大手ならと言う安心感もあります。

 

中小の引っ越し業者は?

引っ越し業者に限った話ではありませんが、小さい会社は小回りがきくことが多いです。

こちらの都合に合わせてくれる業者が多いんです。

また、大手のように宣伝などに経費を使っていないため、リーズナブルな場合が多いです。

 

上記を見るといいことばかりのようにも思えますが、逆に中小なりのデメリットも有ります。

一番問題になるのが、遠方への引っ越しに対応できないことがあると言うことです。

大手ならほぼ問題ありませんが、遠方に引っ越しす場合は要確認です。

 

それと、荷造りなどは自分でしなくてはいけない事が多く、大手のようならくらくパックみたいなのを希望するなら使えないこともあるでしょう。

赤帽のようなところに頼むのであれば、荷物の量も極端に多いのは難しいです。

家族向けの引っ越しはやはり大手に軍配が上がります。

 

結局のところどちらがいい?

お互いの良いところ悪い所はありますが、どちらにしても一度両方に見積りを取ってみるのが良いでしょう。

その結果しだいではありますが、中小の業者に頼む人は、単身で比較的近場に引っ越しす人向け。

ファミリー向けが大手という感じになることが多いでしょう。

簡単1分入力で、引越し代を50%もお得に!
賢く安く引越しするならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓