引っ越しをするタイミングは?

実家や今住んでいる場所からは通えない大学や専門学校に進学する場合、引っ越しの必要がありますよね。

引っ越しをするタイミングはいつが良いのでしょうか?

 

まず、部屋探しについては、合格が決まったらすぐに始めたほうが良いです。

理由は簡単で、合格者が同時に部屋を探し始めます。

そうなると、とうぜん学校に通うのに条件が良い物件から埋まっていきます。

早い者勝ちなので、引っ越しが近くなってから全部まとめてやれば良いや!と構えていると、良い部屋がなくなってしまいますよ。

本当かどうかはわかりませんが、人によっては合格発表を見て合格なら、そのまま部屋を探しに行く人もいるそうです。

 

引っ越しで必要な手続きは?

引越しにはいろいろと手続きがあります。

まずは、新しい部屋を決めた際の契約ですね。

連帯保証人や敷金礼金が必要であればそれの支払いなど、新居の準備をします。

 

引越の日取りが決まれば、役所に行って転出の手続きも必要になりますね。

引越をすれば、その日から新居で生活をするわけですが、ライフラインの契約も必要です。

ガスなど開栓の立ち会いが必要な契約もあります。

前もって管理会社にガスの契約先を聞いておいて、引越の日を連絡しておくと、その日に開栓してもらえるでしょう。

数日でしたらガスがなくても、生活できないこともないです。

ただ、お風呂が自宅で入れないのは結構困りますよね。

 

電気や水道は、ブレーカーや元栓を開ければ、通常は使用できるはずです。

契約は前もってやっておくほうが、後々連絡忘れなどのトラブルを防げます。

引越し後は、荷物の片付けなど何かと落ち着かないので、引越前に各会社に連絡しておきましょう。

 

生活の必需品は上記の物かと思いますが、インターネットをすぐに使いたいのであれば、契約しておいたほうが良いでしょう。

契約した物件次第では、すでに屋内工事がされているものもあります。

ただ、そういった工事がされていなければ、業者に作業をして貰う必要があります。

引越し時期などは、業者が予定がいっぱいになってしまっているかもしれません。

キャンペーンなどを利用すると、お得にネット回線が引けるのおすすめです。

フレッツ光申込みで工事費割引+月額無料期間あり!
更に≪最大60,000円キャッシュバック≫全員対象☆

 

引っ越しはどうするの?

引っ越しの作業をどうするかは、早めに検討する必要があります。

実家から持っていく荷物というのはそんなに多くはないでしょう。

とは言っても、TVや衣装タンスなどすべて引越し先で新調するのは結構お金がかかるものです。

なので、全く手ぶらというわけではなく、今部屋で使っている電化製品や洋服ダンスもしくは衣装ケースは持ってく人が多いでしょう。

衣類は、そのまま持ってければ荷造りする必要もないですよね。

 

そうなると、自分ですべて運ぶというのは、よほどの近場への引越以外では難しい場合も出てくるでしょう。

引越し業者にお願いするほうが、安心で確実なのは間違いありません。

 

引っ越し先ですることは?

引越し当日は、荷解きやガスの開栓など、まずは生活できるようにすることを優先します。

その後、役所への転入手続きなどをしていきます。

携帯電話や免許証の住所変更も忘れずに行いましょう。

また、洗濯機など一人暮らし用の家電を、買い揃えるなら部屋の片付けをしてどの程度の大きさが合っているかを確認して買いに行くようにしましょう。

これは、家具でも同様のことが言えますね。

 

引っ越しを安く簡単にする方法

新生活では何かとお金がかかるものです。

親に負担してもらうにしても、少しでも引越し費用を抑えれれば、引越し先で必要になるものを購入する負担を軽くすることが出来ますよね。

なかなか、安い引越し業者を探すというのは骨の折れる作業です。

少しでも楽が出来るように、一括見積もりサイト等を活用するのがおすすめです。

簡単1分入力で、引越し代を50%もお得に!
賢く安く引越しするならコレをチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓